CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECOMMEND
僕のキモチ (通常盤)
僕のキモチ (通常盤) (JUGEMレビュー »)
WaT, 小松清人, 前嶋康明
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
*
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

ココロ癒され隊

心のオアシスWaTについてあふれる思いを綴ります。
<< WaTインディーズデビュー12周年♪ | main | 1789〜バスティーユの恋人たち >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ちかえもんトークショー@鯖江市文化の館
ムネムネが鯖江にきたー\(^o^)/
あっ、貫地谷しほりちゃんが青木崇高さんのことをムネムネって呼んでるのを知ってから、私も心の中ではそう呼んでまして(*´ω`*)
職場から10分もかからないこの場所にっ!これは行かないわけにはいかないでしょ(^^♪

青木崇高×NHK櫻井賢CP トークショー
の前に偉い人の挨拶と人形浄瑠璃のデモンストレーションがありました。
初めて見たけど首の動かし方ひとつで表情が出るもんなんだなあ。
ふと振り向くと最後列に万吉っつぁんがいるー!
あのドラマの中と同じ恰好でたたずんでいる万吉、いや青木さん。ちょっと不思議(笑)
そして紹介を受けると「それっ不孝糖〜不孝糖〜おやおやおやおや親不孝の不孝糖〜♪」と歌いながら登場(≧◇≦)

鯖江にはお昼頃ついてまず鯖江市長さんとご挨拶したんだけども
話が弾んでスケジュールが押して変更しないとって事態になったり?
あの市長ね〜よくメディアに出てくるよねw
子供たちの文楽を見学したり地元の美味しいものを頂いたり。
鯖江ではちかえもんの視聴率50%と聞いてますよ〜これから70%になってくんでしょ?って(笑)



まずはセットの話から。
芝居小屋の中は全部セット。外とつながってるように見えるけど別々です。
着物とかは松竹の衣装さんが全部選んでくれて、小道具(万吉グッズ)も台本から想像して万吉ならこういうの持ってるだろうというのを用意してくれた。

タイトルは最初は「不孝糖売り万吉」だった。
それだとあまり楽しい感じに思えないから
櫻井Pが「あほふたり」みたいな夜8時に相応しい感じの〜と提案して
「ちかえもん」に決まった。
暗いニュースも多い昨今、とにかくコメディーがやりたかった櫻井P。
去年の3月に藤本さんに声をかけた。
本が出来上がるまでに時間もかかったけど全員のキャストが決まったのはクランクインの2か月前。
一徳さんと富司さんのマネージャーには最初断られた。
けど一徳さんとは藤本さんの最寄駅で偶然会ってその縁を感じて出てくれることになったらしい。

とにかく藤本さんのことを、本当は10人くらいで書いてるんじゃない?とか頭おかしいとか言いまくってたけど(いいんかなこれ書いてw)
それくらいすごい脚本だということ。
役者を落とせる、完成されすぎてる本だということ。
3か月スケジュールを充てないといけないから大変なんだけど松尾さん曰く「とられたくない、誰かにやられたら悔しい」
現場はチームワーク良くみんな面白がってやっていた。
スタッフさん(監督)はパワハラ寸前の熱気で頭から湯気が出ていた。
この本でやって面白いものにならなかったら・・・
楽屋オチ(現場では面白いのにテレビで見たらあれ?という風)にならないようにというプレッシャーもあった。
後になって、あの人あの時からあんなこと考えてたんかーという展開があるので楽しみにしてほしい。


最初に決まった配役は万吉で
おせっかいで空気が読めなくてアホ(が出来る人)→青木くんですかねー
で決まったw
万吉はストーリーを引っ張る役であり
感情からは生まれない芝居をしないといけないので苦労した。
例えば、1話の黒田屋が近松に刃物を向けているときに「鯖もってきたでー」と入っていくのは考えても理解できない。
セリフを聞いても聞かない、消化しないようにして
アクションが芝居を作るというようにした。
しばらくして優香ちゃんとかあかりちゃんとか徹平ちゃんが万吉のマネ(腕を組んで頬を膨らますようなの)をするようになって
やっと役が入ってきた、伝わってるなと思えるようになった。
テーマとしては「素晴らしきかな人生」という映画に出てくる落ちこぼれの天使を心の支えにした。


松尾さんはリハと本番の芝居を絶対変えてくるので力を抜けない。
実際1m先にあの顔があるとやばいw笑ってしまうからモノと思うことにした。
カメラマンも録りながらこっそり笑っていた。
替え歌も本当はもっと歌は上手いけれど絶妙なヘタ上手さになってる。
松尾さんは朝ドラのヒロインか!って言うほどのスケジュールぎっしりだけど青木さんはそうでもなく、
金沢、直島とか3日休みがあったときは沖縄に行ってお土産のちんすこうとか紅芋タルトとか差し入れした。
ちょっとイヤミじゃない?って櫻井P。
でもどうせバレるから、と。

6話の黒田屋とお初のシーン。
あの後あかりちゃんは本気で「この人キライ」と言っていた(笑)

徹平ちゃんとはクリスマスイブを一緒に過ごした。
25日も朝から撮影なので、どうする?と訊いたら
「せっかくだからチキンが食べたい」って言われたから
食べログ(プレミアム会員なのでw)調べたお店に行ったら周りはカップルだらけだった。
木屋町のカラオケでクリスマスソングを歌いまくった。
徹平ちゃんが「チキンライス」を歌ってくれて上手すぎて感動して泣いた。
こないだまでコンビ組んでましたよねーとか櫻井Pが言ってたかな?
むねたか、なのでMaTや!(^^)!って言うてました。

京都で撮影だったのであとはホテル帰るだけのひとばかりだったりして
よくみんなでごはんを食べに行った。
立ち飲み屋が好きなのでそれを提案すると撮影で疲れた上に立って飲んでられるか、と却下された。

撮影はいきなり第3回のあのシーンからだった。
(といわれてもすぐに思い浮かばなかったけど不孝糖売りロケ?)


質疑応答

・青木さんにとって藤本さんはどんな存在?

「ちりとてちん」も「ちかえもん」も大切な作品。
藤本さんの作品はどこを切ってもスピンオフが出来るキャラクターばかり。
実際に藤本さんにお会いすると本当にこの人が書いてるのか?って思うけれど心から尊敬している。
ちかえもん(近松)こそ藤本さんではないかと思う。

・万吉さんはなんでそんなに優しいの

(という質問だったと思うけどメモってある答えが答えになってないような^^;)
それは藤本さんにきいたほうが〜
僕=万吉ではないので^^;
1度きりの人生なら変化のあるほうを選ぶ。
めっちゃネット検索します〜2ちゃんとかも。
7回見ましたとか書いてる人もいましたよ。

・配役を決めるポイント
これは櫻井Pへですね。企業秘密なんですけど〜と言いながらw
お袖=おじさんの夢。
お初=秘密をかかえながらも凛としたひと
徹平ちゃんは、あまちゃんを見ていた梶原さんが
銀之丞さんはちょうどGS近松に出ていたのを見てその色気と胡散臭さで、九平次みつけた!と思ったそう。

最後はじゃんけん大会で
サイン入りちかえもんサントラと万吉の時ずっと身につけてたお守りをプレゼント。
自分より欲しいと思ってるひとに当たれば〜と思ってたので最初に負けてほっとした(笑)
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
comment
comment?









TrackbackURL
http://watheart.jugem.jp/trackback/1048
trackback